カウンセリング

いつまでも美しく

食べ過ぎなどで脂肪が気になる場合、脂肪吸引を受けるのもひとつの手です。脂肪吸引には2つのやり方があり、皮膚をカットする方法とカットしない方法があります。それぞれのやり方には良さがあるので、治療にかかる費用を考えながら受けるようにしましょう。

レディ

憧れのボディーを手にする

女性であれば悩みの種でもある体重ですが、脂肪吸引を受けることで、苦労なくスリムになることができます。ただ、費用は多少かかる治療ですが、脂肪吸引することで、憧れのボディーを簡単に手に入れることが可能です。

痩せた美しい身体をゲット

注射

注意して手術を受けること

運動や食事制限などでもダイエット効果が得られない時は、美容外科による脂肪吸引という方法があります。この脂肪吸引は、脂肪層である皮下脂肪と血管や神経がまったくない深層脂肪であるLFDの両方から一部だけを取り除く治療法です。この治療法は、医療専用の吸引管を使って脂肪を取り除く切らない脂肪吸引があり、運動や食事では難しい脂肪を減らせられる点や、辛いダイエットをする必要がないこと、部分的に痩せられることが大きなメリットとなっています。この切らない脂肪吸引は、医療による提供ですから確実に痩せられ安全性も現在ではかなり高くなっていますが、費用はそれなりにかかります。そのため、脂肪吸引を受けるときは費用面に注意をして、納得できる形になってから手術を受けましょう。美容医療が年々お求めやすい費用となりつつありますが、クリニックによって費用は様々です。例えば、お腹の脂肪吸引を受けるときは、部位も腹部の上下やウエスト、腰部などによって違いがあり、しかもゼルティックやライポソニックス、ウルトラアクセントなど手術方法によって費用はバラバラとなっています。手術費は安いところで4〜5万円、高いところでは20〜30万円ほどかかるので、しっかり検討することが大事です。もちろん、手術後の仕上がりや手術後に起きやすい皮膚のたるみやむくみなど、アフターケアの充実面も考慮してから決めましょう。そのためには、カウンセリング時に担当の医師から何でも聞いておくことが大切です。費用は総額によるものか、追加費用はどのような詳細でいくらかかるのか、サポートには費用が必要かなど徹底して納得できるまで聞いてみてください。脂肪吸引はお腹以外にも、顔や太もも、おしりなど特定の場所で手術が可能で、クリニックによっては全身での脂肪吸引も行なわれています。もし全身を受ける場合は、手術間隔を1ヵ月以上あけることで身体の負担も少なく、日常生活や仕事に負担がかかりにくくなります。一日で終わらせてくれるクリニックも存在しますが、万が一の痛みや腫れ、内出血を考慮して自ら進んで間隔を空けることが望ましいです。もちろん、全身の脂肪吸引となると費用も嵩みますので、しっかり医師との相談と予算を考慮して決めましょう。

ウーマン

美容整形による痩身の相場

美容整形外科にて脂肪吸引を受ける場合の費用は施術内容や部位、クリニックによって様々です。相場としては顔などの場合20万円前後、太ももやウエスト周りなど脂肪が厚い部位の場合は30万円を超える可能性があるようです。

水着の人

相場を調べてみよう

脂肪吸引にはいろいろな種類があるので、適切なものを見つけましょう。それには主治医との相談がお勧めです。また、部位や美容外科によって費用が異なるため、あらかじめ皮革しておきましょう。当然、脂肪が多い部位は費用が高めです。

医者

部位や美容外科で異なる

脂肪吸引の費用は美容外科や受ける部位によって異なります。相場を調べた上で納得できるものなら受けてみましょう。また、施術後に油断をするとまた脂肪がついてしまうので、施術後の状態を維持する努力が必要です。